必要なくなった楽器の買い取りで思った以上に値段が付かなかった。

若い頃に楽器を始めて(主にパーカッション全般)いろんな打楽器を経験していて、その中でも好きな上位に入っていたコンガのセットがあった。

 

ある日、腰と首を痛めてしまってもう持ち運びや車の運転などで自分で自由に持ち運びが出来なくなった大きめの打楽器を処分しようと思って小さめのボンゴなどは残してコンガのセットだけは手放そうと思いました。

 

買い取り屋さんへ持って行きどんなブランドで何年使ったかなどを説明してから数分で答えがわかりました。

 

自分の中では1万円弱くらいかなと思っていたら数百円だと言われてすごく驚いたのを覚えています。

 

もちろん、物はなんでも買った瞬間から価値(値段)が下がっていくことは知っていたのである程度は想像していたのですが、それを遥かに超える驚きの安さでびっくりしました。
なんでそんなに価値がないのかと店員に尋ねると、打楽器はとくに買い手があまりみつからず需要がほとんどないそうでただただスペースがとられるだけなのでその安さになってしまうとのことでした。

 

あまりに驚きましたが、手放すしかなかったのでその値段で対応してもらいましたが今思い出してみても驚きの値段です。

 

買い取りにもいろいろな都合があるのだなぁと思いました。

 

古着(ノーブランド)の買取体験談/高価買取ではありませんでしたが利用して良かったです

買ったものの全然着ていない服、着ていないからきれいなままで捨てるのも勿体無い服、そういった服を持て余している人はたくさんいると思います。

 

私も長年そういう服が溜まってきていて、どうしようかと悩んでいました。

 

買取と言えば本やDVDなどがすぐに思いつきますが、古着でしかもブランド物でもない服の買取となると、なかなかやってくれる所は少ないです。

 

ネットで調べてノーブランドの服でも買い取ってくれる所をようやく見つけ、お願いすることにしました。

 

古着の買取は、本やDVDの人気商品の買取と比べて、高価買取はあまり望めません。

 

単価が安いので一気に大量に送らないと纏まった値段にならないため、買取業者さんの指示に従って大きいダンボールに詰めるだけ詰めて送りました。

 

縦・横・奥行き合わせて140センチくらいのサイズの箱にいっぱい詰めて、1000円くらいになりました。

 

それでも着ないまま置いておくよりはずっと良いと思いますし、家の中もすっきりしました。

 

手作りした服でもきれいな物なら買取可能でしたので、とても有り難かったです。

 

今後は無駄に服を増やさないことを誓いつつ、どうしても着ない服は買取を利用することも考えようと思いました。

 

買取というのは、業者への申し込みや梱包作業など、買い取ってもらう準備をするのもなかなか面倒なものですが、自分にとっては不要なものが必要としている人の手に渡るようになるのは捨てるよりも良いことだと思いますので、積極的に利用すればいいと思います。